仕事や育児に忙しい方向けウォーターサーバー

仕事や育児に忙しい方こそおすすめのウォーターサーバー

美容に良いウォーターサーバーの水の種類は2種類です。

まずはミネラルウォーター!

 

水の豊かな採水地から、雨水が地面をゆっくりと通り抜けることで濾過された天然水をそのまま何も加工したり添加したりせずにボトリングしてあり、地下に蓄積している間や移動中に、水の中に豊富なミネラル成分が溶け込んでいます。

 

採水地によってミネラル分が違い、地域ごとの特徴があり、味にも違いが出てきますので、自分の好きな味のミネラルウオーター(自分の地元に近い味のミネラルウォーターを甘く、美味しいと感じることが多いようです。)を選ぶことが出来ます。

 

ミネラルウォーターには、骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、代謝に関わる酵素を活性化させ、便秘解消にも効果的なマグネシウム、むくみ除去に必須のカリウム、他のミネラル成分の体内への吸収を助ける働きのあるナトリウム、活性酸素が作られるのを抑制し、老化防止にも効果的な亜鉛、糖質・脂肪の代謝を助ける役割を果たすバナジウム、活性酸素の生成を抑制するゲルマニウム、ヘモグロビンを作り貧血を予防する鉄が含まれていて、ミネラルウォーターを1日のうち何回かに分けてこまめに飲むことで、代謝を促進、デトックス効果が高く、老廃物を体の外に洗い流すことができます。

 

それからRO水です!

ROとは、Reverse Osmosis(逆浸透膜の意味)の頭文字で、高濃度フィルターで水道水をろ過した水がRO水です。

 

不純物が完全に取り除かれて、純粋に近い水です。

 

純水にはかなり強力なデトックス効果があり、美容効果抜群!

 

ひいてはアンチエイジング効果も高いです。

 

さらに、蒸留水はとても安全な水として、今、注目を集めています。

 

理由は、2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震により、水質汚染が進んだこと。RO水にすれば、放射性物質もほぼ完全に除去できると言われています。

 

さらに、近年ではシックハウス症候群などを引き起こすホルムアルデヒドなどの汚染も進み、家庭用の水道水にも混入していることがありますが、これに関してもRO水は安全性が確かめられています。

 

人間の体内の水分含有量は赤ちゃんで80%、成人で約60%と言われており、体のほぼ半分を占める水は生命を維持するために必須あいてむであり、それを安全なものにするのは健康にとってマスト!

 

飲み水は、究極の化粧水!普段の飲み物を美容効果の高い水にすれば、美容にアンチエイジングに効果を発揮することが期待できます。

エコ&大幅な節約につながる

いくら美容に良いと分かっても、ミネラルウォーターのボトルを何本も普段飲む分だけ買い込むのは大変です!

 

現代、女性は仕事を抱えていたり、さらに育児をしていたりして、水を買いに行く時間が取れないことが多いですし、お子さんがまだ小さい場合、お子さんだけでもかなり重いのに、その上ミネラルウォーターを抱えて帰るのは、疲れた体に支障をきたすほどの重労働です。

 

さらに、加齢により力が衰えて来た時などもつらいはずです。

 

何とかご主人の協力の元、無事に買い物を済ませたり、ネットで注文して自宅に届けてもらったりしても、普段の料理に、飲み水にとどんどん使って行くうちに、大量のペットボトルゴミがたまっていきます!

 

いくら潰してもかなりかさばる空のペットボトル。

 

部屋の隅なり、ベランダの隅なり、1週間に1回の回収を待つ間、どさっと積まれて置いてあるのはちょっとしたストレスです。

 

たまったペットボトルを抱え、ゴミ捨て場にドサドサドサー!と捨てに行くのも面倒ですよね。

 

でも、ウォーターサーバーにすれば、業者の方が自宅まで宅配してくれるので、これらの手間が一切省かれます!

 

もう買い物も、ネットでの定期的な注文も、ゴミだしもしなくて良くなるのは、忙しい女性にとってかなり嬉しい時間の節約になります。

 

それから、ホットコーヒーや熱いお茶を飲みたい時や、ママだったら赤ちゃんのミルクを作りたい時は熱湯が必要ですし、暑い夏やお風呂上りに冷たい水を飲みたい時など、水の用途は様々ですよね。

 

ウォーターサーバーがあれば、瞬時に冷たいお水も熱いお湯も利用することができます。

 

買い置きしておいたミネラルウォーターを冷蔵庫で冷やす手間も、補充する手間もなくなります。

 

冷蔵庫の中のミネラルウォーター分のスペースが空くのは嬉しいですよね!

 

ただ、瞬時に冷水も熱湯も出て来るなんて、電気代がものすごく高くつきそうですよね。

でも、そんな心配はご無用なんです!

 

ウォーターサーバーの中は、冷水と熱湯の2つのタンクが内蔵されていて、そのタンク内部で、冷水も熱湯も一定の温度を保つことができるのです。

 

どうしてタンク内のお水を熱湯にすることができるのかと言うと、実は電気ポットと似た仕組みなんです。

 

熱伝導率の良い金属棒を加熱し、その放出された熱により、タンク内のお水を温め、熱湯にするのです。

 

ウォーターサーバーの1か月の電気料金は、契約した業者や使い方のプランによってもちろん違ってきますが、平均すると月々1000円ほどの業者さんがほとんど。

 

これは、1か月分のミネラルウォーターを購入する代金よりはるかに安いですし、電気ポットを使ってお湯を沸騰させた場合とくらべて、ほぼ同じ金額になります。

美容にも良い、時短にもエコにもなる、節約にもなるウォーターサーバー、是非オススメです